【iPhone・Android別】ポケカラアプリで歌うおすすめマイク7選!それぞれの人に合った選び方も併せて紹介します

その他

スマホ用のカラオケアプリとして大人気の「ポケカラ」。
録音機能も採点機能もついているので、一人でカラオケの練習をするのにも最適ですよね。

ただ、このアプリは採点がとても厳しくて、マイクなしで歌った場合はびっくりするほど点数が低くなってしまいます。
でも、普通のイヤホンマイクで歌ってもあまり変わらない…とお思いの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
それもそのはず、このアプリで高得点を出す人は、ちゃんとしたマイクを使っていて、もっとガチな人は、オーディオインターフェイスまで使っているからです。

そこでここでは、ポケカラで歌うのに最適な、ダイナミックマイクとコンデンサーマイク、高性能のイヤホンマイクを全部で7つご紹介いたします。
ただし、スマホによって使えたり使えなかったりするものがあるので、注意して読み進めてくださいね。

まずイヤホンジャックがあるかどうか確認しよう!

これからご紹介するマイクですが、イヤホンジャックがないスマホでは、基本的に使えません。
そこで、まずご自分のスマホにイヤホンジャックがあるかどうか、確認してください。

もしイヤホンジャックがない場合、androidの方は「④」を、iPhoneの方は「③」をお読みください。
「①」「②」は、イヤホンジャックがある人用の内容になっています。

①「オーディオ2分配アダプタ」(イヤホンジャックを二股に分けるケーブル)を買おう!

イヤホンジャックがあることを確認したら、まず買わないといけないのが「オーディオ2分配アダプタ」です。
これは、イヤホンジャックを二股に分けるアダプタです。

スマホのイヤホンジャックは1つなので、そのままだとイヤホンマイクしか使えません。
したがって、単体のマイクを使うためには、それをヘッドホンとマイクの2つに分ける必要があります。
ケーブルがついているのもありますが、一番手頃で簡単なのが、以下のマイク・ヘッドホン変換アダプタです。

マイクとヘッドホンのマークがついていますので、間違えることもありません。
こちらの商品は、PS4、Xbox one、コントローラ、MP4/3、スマホ、タブレット、PC等に対応しています。

②Android・iPhone用ダイナミックマイク3選+コンデンサーマイク

先程のアダプタを用意したら、次に選ぶのが本命のマイクです。

ここでは、ポケカラアプリに最適な、ボーカル用・カラオケ用のダイナミックマイクを3つと、スマホでも使えるコンデンサーマイクを1つご紹介いたします。

ソニー ダイナミックマイク モノラル/ボーカル用入門モデルF-V320

まずは、有名なソニーから出されている、代表的なダイナミックマイク「ソニーダイナミックマイク モノラル/ボーカル用入門モデル F-V320」です。

こちらの商品は、初心者でも扱いやすい、気軽なカラオケレッスン用マイクで、伸びやかに気持ち良く歌えるボーカル入門モデルになっています。

中高域の感度をアップした音作りにより、小さな声量でも厚みのある音を再現しています。
クリアな音質と豊かな低音を実現する高磁力のネオジウムマグネットと、音質劣化の少ないOFCコードを採用しており、入門モデルながら充分なスペックです。

また、初心者にとって優しいのが、ポップガードが入ってることによって雑音がかなり削減されてる点です。
軽いので、女性や子どもにも扱いやすい点も魅力ですね。
入門用のダイナミックマイクとしては、値段、機能共に充実しています。

ただし、スタンドは付属していないので、必要な人は別途購入することになります。

 

audio-technica ダイナミックマイクボーカル用 スタンド付属 ATR1100x

次にご紹介するのは、オーディオ関係では有名な、オーディオテクニカから出されている、ボーカル用のダイナミックマイク「ATR1100x」です。

ハウリングが起こりにくい単一指向性で、クリアな音質が楽しめます。
手元操作が便利なトークスイッチ付きで、置いて使えるデスク用スタンドが付属しています。

音質は安定していて、ノイズも少なく、カラオケ用としては快適に使えます!
この値段でこの機能であれば、充分だと言えるでしょう。

 

FELYBY ダイナミックマイク カラオケマイク

お次はFELYBYから出されている、ダイナミックマイクです。

こちらのマイクは、耐久性と衝撃に対する強い耐性を実現するために、高品質の硬質金属で構成されています。

こちらも内蔵のポップアップフィルターで、ポッピングノイズを防いでくれます。

また、操作にバッテリーは必要ありません。
外部のオン/オフスイッチは、オーディオの制御が簡単で、プッシュアップはオン、プッシュダウンはオフになっています。
マイクを使用していないときは、スイッチを使用してケーブルを外さずにマイクをオフにできます。

大きな振動板はクリアな高音と豊かな低音を実現できますので、ライブボーカル、カラオケ、スピーチ、歌に最適です。

 

スマホマイクコンデンサーマイクミニ3.5mmジャック接続三脚スタンド付き

女性に大人気の可愛らしい色をしたこちらの商品は、ダイナミックマイクではなくて、もう1レベル上の「コンデンサーマイク」です。

こちらのマイクには、二股分岐ケーブルも付属していますので、「1」でご紹介した2分配アダプタを買う必要はありません。

マイクスタンドも、二重構造のポップガードも付属しているので、これ1つで全てが揃います。
三脚スタンドは、270度調整可能なので、最適なポジションに調整できます。
ポップガードは二重張り構造なので、有効にポップノイズを低減し、唾液を防いでマイクを守ることができ、音質をクリアにしています。

音声に対しての敏感度が良く、マイクは単一指向性で正面の音のみをしっかりと拾うことができるため、周囲の雑音をカットしつつ、自分の声だけを高音質でしっかり録音できる優れものです。

③ガチでやりたい人向け!iPhone用コンデンサーマイク&オーディオインターフェイス

さて、ここからはガチでやりたい人とiPhoneでイヤホンジャックがない人に向けてのご紹介です。

今まで主に入門用のお手軽なマイクをご紹介してきましたが、今度は本格的に歌いたい人に最適なコンデンサーマイク2つと、そのスペックを最大限に活かすオーディオインターフェイスをご紹介します。

ヤマハ YAMAHA ウェブキャスティングミキサー オーディオインターフェース 3チャンネル AG03

まず、オーディオインターフェイスとは何かというと、マイクや楽器の音声を、音楽制作ソフト(ここではポケカラ)などを介して録音することができる機器です。
録音だけではなく、音楽を高音質で聴きたい場合や、配信をしたい場合にも活躍してくれます。

こちらの商品は、最も多くの配信者が使っていると言われる、YAMAHAのAG03です。

カラオケで必須のエコーをかける機能がついているだけではなく、音量調節が楽で、非常に高音質で録音することができます。

エコーをかける機能がついているのは、オーディオインターフェイスだけで、マイクだけでは無理なので、ポケカラで高得点を取る人は、皆さんこういった機器を使っているはずです。

AG03には、二股のジャックがついているので、2分配アダプタは必要ありません。
代わりに、iPhoneとオーディオインターフェイスを繋ぐ、Apple Lightning – USB 3カメラアダプタというものが必要になります。(下図参照)

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B075NBTKWN/ref=as_li_qf_asin_il_tl?ie=UTF8&tag=murachboy0e-22&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=B075NBTKWN&linkId=452e1da8565739bedc67e66f94ea0551

これが、なかなか高いのですが、Apple純正でないとダメなようです。
安物を買うと、使えない、繋がらないという口コミが多数あります。

AG03自体が高いものなので、よほど本気で高得点を取りに行きたい人でなければ、そこまでしなくてもいいのではと正直思いますが、イヤホンジャックがないスマホをお持ちの方にとっては、救世主になり得るかもしれません。

888M マランツプロ コンデンサーマイク 【Amazon限定ブランド】MPM-1000

888MマランツプロMPM-1000は、Amazon限定品で、初めからマイクスタンドとショックマウント(衝撃吸収)がついています。
(ただし、マイクスタンドはオマケ程度とのレビューが多いです)

レコーディングスタジオ並みの高音質で、コンデンサーマイクにしては相当安いので、非常にコストパフォーマンスの高いマイクです。

カーディオイド指向は、残響音やノイズを拾うことなく、目の前の音をピックアップしてくれます。
音質や感度、仕上げは、高級機に勝るとも劣らない性能です。

ユーザーレビュー4.3という高評価を博し、何度も品切れになっている商品でもあります。

audio-technica コンデンサーマイクロホン AT2020 【国内正規品】

オーディオテクニカが出しているコンデンサーマイクで、値段相応の最高レベルの音質を誇ります。

エントリークラスながら、確かなスタジオクオリティを実現した ハイコストパフォーマンスモデルで、自宅録音/動画配信に最適です。
さまざまなシーンに対応する高耐入力設計と広いダイナミックレンジを実現しており、専用設計ダイヤフラムによる幅広い周波数特性と優れた過渡応答も備えています。
単一指向性でサイドとリアからの収音を減らし、目的の音源の分離を向上しています。

ユーザーレビューは、なんと4.5をマーク!
購入者のほとんどが優良評価をつけています。

専用スタンドマウントも付属していますが、スタンドは別売りです。

XLR接続のため、XLRケーブルが別途必要になります。
(USB接続モデルもあります)

④タイプC用イヤホンマイク

Androidでイヤホンジャックがないスマホをお持ちの皆さま、お待たせいたしました。

Androidでイヤホンジャックがないスマホは、単体のマイクを接続することができません。
ただ、普通のイヤホンマイクだと、さして音質は変わらないことになってしまいます。

そこでここでは、ノイズキャンセリング機能に優れ、マイクも高音質のイヤホンマイクをご紹介いたします。

【ANC ノイキャン】dyplay USB TYPE-C イヤホン

dyplayのUSBtypeCイヤホンは、Type-Cのイヤホンの中では珍しいANC(アクティブノイズキャンセリング)機能を持っています。
ANC技術は、外部ノイズを連続的に測定、比較、反応し、逆位相の信号でノイズを打ち消す技術です。
飛行機、バス、地下鉄、列車などの人が集まった場所でも、ほとんどの雑音が軽減できます。
このANC LINK は、夏のエアコン・扇風機・遠いセミの鳴き声・窓外の車の低音騒音なども低減できます。
音楽のバックノイズ・ホワイトノイズなどもほとんどカットできるようです。

また、デジタルDACチップセットによって最大24ビット/96KHZまでハイレゾオーディオを再生できます。
有線なのでロースも少なく、低音から高音までのバランスもよく、柔らかい中高音域を重厚感のある低音の組み合わせで最高の音楽を提供しています。

ポケカラでカラオケする時も、高音質の音楽とクリアな音質の録音で、他のイヤホンマイクとは一線を画した性能が発揮されるはずです。

もちろん電話応答もできますよ!

音質をどこまで重視するかで選ぼう!

さて、ここまで7つのマイクを見てきましたが、どれも性能が良く、特長もあって、なかなか選び難いですよね。

ここでは、ポケカラにどの程度の音質を重視するかで選ぶのが良いと言えるでしょう。
気軽に楽しく歌えればいい、ということであれば、ダイナミックマイクで充分ですし、逆に本気で高得点を狙っていくなら、オーディオインターフェイスとコンデンサーマイクが最適です。

予算とも相談した上で、自分に合ったマイクを見つけてみてくださいね。

COMMENT

タイトルとURLをコピーしました