【2021年版】インスタグラムで稼ぐ4つの方法と成功例

インスタグラム

今や世界的なSNSとなっている『instagram(インスタグラム)』

個人の利用はもちろんのこと、そのリーチ力や影響力、拡散力の高さからビジネス面での利用も主流のものとなっています。

そんなビジネス面でも利用されているSNSであるインスタグラムで、

「インスタグラムに写真を投稿するだけでお金を稼ぐ」

という夢のような稼ぎ方をしているインスタグラマーたちがいるんです。

もちろんこの方法以外にもインスタグラムでお金を稼ぐ方法はいくつもあり、ビジネス面での幅広い応用が可能なSNSとなっています。

今回の記事では、インスタグラムで稼ぐ方法の中から、2021年に最も適した方法を4つご紹介していきます。

どれくらいのフォロワーが必要?

そもそもの話として、どれくらいのフォロワーがいればお金を稼ぐことができるのでしょうか。

これの答えは…「あなたが考えるほどのフォロワー数はいらない」です。

極端に言ってしまえば、フォロワー0人でも運用方法によってはお金に繋げることができます。

なので、どれくらいのフォロワーが必要なのかではなく、以下のことについて考えてみてください。

  • 自分が得意なジャンルですか? また、そのジャンルは簡単に既存のカテゴリーに結びつけることができるのか?
  • 自分のフォロワーは、どれくらいのエンゲージメントがあるのか?
  • どういう経路で利益を得たいのか?

基本的にはフォロワーが多いというよりは、エンゲージメントの高いフォロワーがどれくらいいるかが重要になってきます。

たしかにフォロワーが多いアカウントは、その分単価の上昇や信頼にも繋がります。

ですが、小規模だけれどもエンゲージメントの高いフォロワーさえいれば、お金を稼ぐポテンシャルは十分にあります。

なので、とりあえずはフォロワーの数は気にせず、何が効果的なのかを考えるのが重要です。

【2021年版】インスタグラムで稼ぐ4つの方法

では、2021年に最も適したインスタグラムで稼ぐ方法をご紹介していきます。

冒頭でもご紹介したとおり、インスタグラマーになって稼ぐ仕組みは、大きく分けて4通りあります。

  • アフィリエイトをはじめる
  • ネットショップをオープンする
  • 自分で撮った写真を販売する
  • 企業から依頼を受けてPR投稿を行う

それぞれの稼ぎ方について、詳しく解説していきます。

企業から依頼を受けてPR投稿を行う

2021年に最も適したインスタグラムで稼ぐ方法の1つ目は、自分のインスタグラムアカウントを使って、アフィリエイトによる広告収入を得ることです。

とはいっても、自分の投稿に直接広告を貼ることはできません。

プロフィール欄にブログやアフィリエイトサイトのリンクを載せて、そのリンク先で広告を見てもらうという戦略になります。

アフィリエイトとは、企業の商品やサービスを紹介して、そこから申込が入ったら報酬がもらえる仕組みのこと

また、インスタグラムから自分が運営しているブログやアフィリエイトサイトに誘導し、インスタグラムから間接的に収益に繋げることもできます。

実際にインスタグラムを活用してアフィリエイトで稼いだ事例を見てみましょう。

Danielle Bernsteinさん:ファッションブロガー

 

この投稿をInstagramで見る

 

Danielle Bernstein(@weworewhat)がシェアした投稿

彼女のInstagramとブログでは、日常的に着ているファッションアイテムを綺麗に着こなした写真を投稿し、そのブランドや商品の買い方を説明されていて、ブログ内でのアフィリエイトもこなしているそうです。

22歳のときには、なんと1枚の投稿で180万円稼いで話題になりました。

  1. ブログやアフィリエイトサイトを開設する
  2. 開設したサイトに広告を貼る
  3. インスタグラムのプロフィール欄にサイトのURLを載せる
  4. フォロワーがプロフィール欄のリンクからブログやアフィリエイトサイトに移動してくれる
  5. ブログやサイトの広告をクリックして商品やサービスを買ってくれる
  6. 報酬発生

これらの手順をコツコツと積み上げていくことで、収益の上昇も見込めるようになるでしょう。

ネットショップをオープンする

2021年に最も適したインスタグラムで稼ぐ方法の2つ目は、ネットショップをオープンし、運営することです。

アフィリエイトなどの広告収入目的で投稿にリンクを貼ることはできませんが、自分の商品の宣伝には利用可能です。

instagramのフォロワーが200万人を超えていることで有名で、instagramを活用したネットショップの成功例であるLoki the Wolfdogを例として見ていきましょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Loki the Wolfdog(@loki)がシェアした投稿

この例でも分かる通り、応用の幅が広く、当たれば収益も大きいです。

また、Shopifyなどのインスタグラム連携を使うと、シームレスなショッピング体験を実現できます。

ただ、ネットショップの運用は事前準備に時間をかける必要はあり、場合によっては大きなコストがかかるため、個人の利用は難しいのが欠点でしょうか。

自分で撮った写真を販売する

2021年に最も適したインスタグラムで稼ぐ方法の3つ目は、自分で撮った写真を販売するという方法です。

写真をメインとしたインスタグラムらしい収益化ですね。

流れとしては、インスタグラム(Instagram)上で直接販売するのではなく、外部のサイトやアプリを上手に使って販売します。

そのアプリの代表例として、InstaprintsやTwenty20などがあり、ンスタ上の写真を選択するだけでアートプリント、グリーティングカード、スマホケースなどの商品として販売できます。

こちらはネットショップのオープンと近いでしょうか。

また、グッズとしてではなく写真を素材としてそのまま販売したいならSnapwireが便利です。このSnapwireなら、すでに自分が投稿している写真データを販売できるだけではなく、ユーザーのリクエストをチェックして、リクエスト通りの写真を投稿して稼ぐこともできます。

「インスタにアップしている写真には自信がある!」という人は積極的にチャレンジしてみるとよさそうです。

個人でビジネス運用したい方でも手の出しやすい方法ですね。

企業から依頼を受けてPR投稿を行う

2021年に最も適したインスタグラムで稼ぐ方法の4つ目は、企業から依頼を受けてPR投稿を行うという方法です。

フォロワーが増えてくると、企業から案件の誘いを受けることがあります。

とくにファッションやコスメなど、美容に関係する企業から話が多いようです。

こちらも成功事例を見ていきましょう。

カイリージェンナー

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kylie 🤍(@kyliejenner)がシェアした投稿

こちらの方はフォロワーがなんと2.1億人のスーパーウーマンです。

彼女が外部の企業案件を引き受ける場合の1件の報酬はなんと1億円と言われており、それだけ影響力があるということです。

さすがに、この方のように1件1億円を目指すのは不可能に近いですが、日本の方でも1件100万円近くで案件を請け負った事例は少なくありません。

ハードルは高いですが、個人の方が稼ぎたいなら企業からの案件は一番単価が高く、稼げる方法となってくるでしょう。

まとめ

今回の記事では、インスタグラムで稼ぐ方法の中から、2021年に最も適した方法を4つご紹介させていただきました。

インスタグラムの投稿だけで稼げるようになるのは夢のような話ですが、決して不可能なことではありません。

実際に、全く知名度がなかった人でもインスタグラムで成功した例はいくつもあります。

インスタグラムで一攫千金を狙う方に、この記事が参考になれば幸いです。

COMMENT

タイトルとURLをコピーしました