Google検索結果に蔓延るスパムサイトに注意!①「あかつき 反社」の検索結果

検索エンジン

普段何気なくみんな利用している検索エンジン。

検索エンジンの代表格であるGoogleの検索アルゴリズムはみなさんも感じていらっしゃるとおり、年々精度が増して、ユーザー満足度の非常に高い検索結果が得られるように進化しています。

ところが、その検索結果に出てくるコンテンツを100%信用するのはうかつというものです。

今回筆者が見つけた悪質なスパムページを例に挙げて解説します。

 

「あかつき 反社」で検索するとヒットする怪しいサイト

たまたま「あかつき 反社」で検索した際に発見したサイトがこれ。

おわかりになるだろうか。

「あかつき 本社 反社」というタイトルで、aetofhuhsun.justdied.com というドメインのWEBサイト。

  • 自然な文章化されていないタイトル
  • 言語として意味が通らない変な名前のドメイン

こういうサイトに出くわしたときは要注意です。

私のPCでクリックしてみると、以下のような表示に、、、

表示されたメッセージは”The site ahead may contain harmful programs”

日本語訳すると、”このサイトには有害なプログラムが含まれている可能性があります”とのこと!汗

あー、怖、、、!

要は、これ悪意を持って作られた「スパムサイト」です。

 

スパムサイトの正体は、、、?

結局サイトが開けなかったので、一見このどんなサイトが何の目的で作られたものなのか、わからない気もしますが、一応、「site:aetofhuhsun.justdied.com」でググってどんなページが公開していたかを調べると次のような結果が得られる。

うーん、、

“僕 は 友達が 少ない 公式”

“中国 拳法 型”

など、なんだか一貫性がない記事がいろいろあるサイトだということがわかりました。

 

不自然なタイトルのスパムページは決してクリックしないように気をつけよう

1つ確実に言える点としては、

スパムページのページタイトルが「中国拳法の型」などの接続後を用いた自然な文章になっておらず、明らかにいろんなキーワードの検索結果でスパムコンテンツをヒットさせようとしている様子であることです。

明らかに悪意を含んだ目的を持って検索結果を歪めるコンテンツを大量生成しているため、そういうコンテンツをクリックしていいことなんて、まああるはずがないです。

こういうページをセキュリティが脆弱な環境で踏んでしまうと、いろんなスパムメールが届いたりや詐欺のターゲットとして個人情報を利用されてしまうケースも考えられるので、くれぐれも気をつけたいですね、、。

 

 

COMMENT

タイトルとURLをコピーしました